読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rambler love peace

~世界の片隅から~

徒然にレビュー(2月後半)

Snashiです。

前回は2月前半のレビューだったので、2月の後半レビューを。

といっても漫画中心ですが。

 

1.『エースと呼ばれる人は何をしているのか』夏まゆみ

借りた本。

筆者はモーニング娘。AKB48の振付師をやった夏まゆみ

前田敦子安倍なつみがセンターに立った理由、意味をその当時の状況とともに説明してくれる。

また、センターとエースとの差、エースとはどういう人をエースというのか、どうすればエースになることができるかを解説してくれている。

アイドルヲタ向けでもあるが、働いてて壁にぶつかってる人にもオススメな一冊。

 

 

エースと呼ばれる人は何をしているのか

エースと呼ばれる人は何をしているのか

 

 

2.『イシュタルの娘~小野於通伝~(1~5)』大和和紀

大和和紀の代表作は制覇している自分ですが、最新作で小野於通を主人公にしている漫画を書いていると知り、集めに入る。

安土桃山~江戸初期の時代をどう描き、どのように歴史上の人物とからめていくのか(小野於通も存在した人物ですが)が気になります。

 

 

イシュタルの娘?小野於通伝?(1)

イシュタルの娘?小野於通伝?(1)

 

 

3.『AKB49~恋愛禁止条例~(23)』宮島礼吏

AKB48SKE48でミュージカル化された男子高校生がAKB48に入ったらというフィクションとノンフィクションをまぜた作品の原作。

ミュージカルでは初期の研究生公演がメインだが、最新刊では主人公たちが全グループの兼任を終え、総選挙で大島優子と対決を挑むというだいたい2013年の総選挙前夜の話。

 

 

AKB49~恋愛禁止条例~(23)特装版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)

AKB49~恋愛禁止条例~(23)特装版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)

 

 

4.『弱虫ペダル 38』渡辺航

2年目のインターハイ

主人公得意の坂道なのに、その舞台には主人公がいないというレース展開。

まだまだ、わからない2年目インターハイ

 

 

弱虫ペダル 38 (少年チャンピオン・コミックス)
 

 

5.『イタズラなKiss(フルカラー版)10~12』多田かおる

 

イタズラなKiss(フルカラー版):10

イタズラなKiss(フルカラー版):10

 

 

2月はこんな感じでした。

3月分は読んだたびに簡単にレビューを書いてるので少しまともかもしれないです。

オススメの本とか漫画あれば教えてくださ~い!

広告を非表示にする