Rambler love peace

~世界の片隅から~

レビュー

須藤凛々花という衝撃~『人生を危険にさらせ!』を読んで~

NMB48チームNの須藤凜々花さん(以下、りりぽん先輩)が、3月30日に『人生を危険にさらせ!』という哲学に関する本を出したということで、この本の感想をツラツラと。 感想というより、りりぽん先輩に捧げるラブレターだ。 須藤凜々花について わからない方…

「倒れるときは前のめり」感想―小屋裏より愛を込めて―

愛してやまない作家の1人、有川浩さんの初エッセイ集「倒れるときは前のめり」が発売されたので、早速購入し、読了。 内容としては、デビュー時から主に新聞や雑誌に掲載されたエッセイやコラムを集めた感じ。なので、同じような内容が続いたりとかするが、…

徒然にレビュー(2015/10)

10月に読んだ本のレビューをまとめてみた。 作品を改めて読みなおすとまた違った視点で捉えられたり、改めて考えさせられることがあると感じる。 『何者』(朝井リョウ著)ではないけど、どうしても分析的に読んでしまう癖があるからかもしれないけど。ただ…

徒然にレビュー(9月)

9月に読んだ本のまとめ及び感想。 基本的には読書メーターに書いた感想をそのまま貼り付けに近い形だけど、まとめてみた。 下書きに雑文がいくつか溜まっていたので、それも 2015年9月の読書メーター読んだ本の数:10冊読んだページ数:3345ページ 国家と宗…

徒然にレビュー(3月編)

Snshiです。 3月に読んだ本、漫画、雑誌のレビューを。 といっても、いつもながら個人的な感想文ですが。 1.『現代政治学入門』バーナード・クリック邦題の『現代政治学入門』でもよいが、原題の『What is Politics?』のほうが的確に内容を表している。「政…

徒然にレビュー(2月後半)

Snashiです。 前回は2月前半のレビューだったので、2月の後半レビューを。 といっても漫画中心ですが。 1.『エースと呼ばれる人は何をしているのか』夏まゆみ 借りた本。 筆者はモーニング娘。やAKB48の振付師をやった夏まゆみ。 前田敦子や安倍なつみがセン…

徒然にレビュー(2月前半分)

読んだ本のレビュー。 月一で更新していきたいです。 2月は日数が短かったのにもかかわらず、本、漫画、映画とかなり読んだり、観たりしたので前半と後半の2回にわけてレビューを書ければ。リハビリも兼ねて新書や学術書も読み始めたので、そういうのが多く…

ノーブルチルドレンシリーズ

すでに何週間か経過しているけれど、<ノーブルチルドレンシリーズ>が本当に本当に終わってしまったことを書きおく必要がある。 ノーブルチルドレンの追想 (メディアワークス文庫) 作者: 綾崎隼 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス 発売日: 2013/…

(告´・ω・`別)ノ

とうとう発売されました。 前作『ノーブルチルドレンの残酷』の続刊『ノーブルチルドレンの告別』が出ました!!あっ、『ノーブルチルドレンの残酷』の話はこちらで。 snashi.hatenablog.com めっちゃ楽しみにしていたので、初日に本屋ダッシュですε≡≡ヘ( ´Д`…

(残´・ω・`酷)ノ

今日は珍しく本の感想を。 やっと、発売になりました(といっても、先月の25日ですが)。綾崎先生の本が出るっぽいってのを、ご本人のTwitterで知ってから、すっごい楽しみにしてて、当日の朝から本屋へ走ったのは別の話(笑) 今までと違い、続刊が刊行予定…